アルコール依存症

アルコール依存症回復マニュアル



現役の心理カウンセラーが伝えるアルコール依存症から回復する方法が掲載されたサイトです。実際にカウンセリングしている方法を一般の方にも簡単に出来るようにまとめられています。お酒の問題を回復し豊かな生活を送るために有益なサイトで正しい方法で回復すれば2度とお酒で失敗することを避けることが出来ます。

アルコール依存症を治すのは簡単です。お酒の量を減らし、お酒を断酒すれば良いのです。たったこれだけの事のはずがなかなか出来ない。それがアルコール依存症なのです。それが出来るように現役心理カウンセラーの立場で、禁酒・断酒・節酒に関する心理エクササイズ方法が紹介されているのがアルコール依存症回復マニュアルなのです。

アルコール依存症は心の病気でもあります。そこでアルコール依存症になる危険性が高い心の状態を理解していますか?単純に、お酒を飲む量を減らせばいいといったところで、どうしても飲みたくなる「根本の理由」を解決しない限りなんの解決にもなりません。一時的にお酒の量をセーブしても元に戻ってしまう事は目に見えています。

アルコール依存症から回復する為にもっとも重要な事はネガティブな感情の付き合い方も覚える事です。お酒を減らす心のつくり方をまず知ることが第一なのです。その心の作り方を知らなければ、お酒の量を減らそう!控えようと思ってもすぐに元に戻り、多くは徐々にお酒の量が増えて行ってしまう典型的なアルコール依存症に陥ってしまうのです。アルコール依存症を回復させるために「ネガティブな感情との付き合いかた」を学ぶ、またとないチャンスがこのサイトには掲載されています。是非、一度確認してみてください!

回復マニュアルを知るメリット

アルコール依存症から回復するメリットをご紹介します。それを知らなければ意味がありません。大好きなアルコールを我慢する。それだけなら単なる苦痛でしかありませんし精神状態も良くありません何より長続きしません。アルコール依存症を回復したメリットを知ることもアルコール依存症を回復させるための心の助けになると思います。そして我慢ではなく飲まなくても良い状態を作る事こそがアルコール依存症から回復するための重要な条件となるはずです。

お酒に頼る心の状態は良いはずがありません。心豊かに過ごすためにはアルコール依存症を回復させた方がよいです。そして当然ながら飲み過ぎのお酒を控えれば命をも落としかねないありとあらゆる病気を回避することが出来ます。さらにお金の問題も大きいです。多い人は毎日数千円以上アルコール類に費やしています。毎日5千円のお酒を飲み続ければ月に15万円をお酒代に注ぎ込むことになるのです。それが減れば、無くなればどれだけ経済的損失を防げるか計り知れません。アルコール依存症の為にかかるお酒代は無駄金なのです。

思わず一杯飲みたくなるような条件を知り、出来るだけ精神的負担を少なくしたアルコール依存症からの脱却を目指すなら是非とも知っておきたい方法です。周りに迷惑をかけない為にも、金銭的な損失を防ぐためにも早く感情のコントロールを自分のものにしてみてください。心と身体の健康を取り戻し家族、友人との関係を良くして笑顔を取り戻すためにも確認しておいてください。

お酒が欲しくなる理由を知ればコントロールできる

「お酒の量を少しづつ減らす!」。たったこれだけの事、こんな単純な事が難しいと感じている人は是非、知ってもらいたいと思います。本格的なアルコール中毒になる前に!。確かにお酒の量を簡単に減らすことが出来るのならアルコール依存症になる人は皆無です。そして本来、栄養目的で摂取するものでは無いお酒を欲するのはすべて心なのです。

このマニュアルを理解すれば「お酒が欲しくなる根本の理由」が分かります。お酒と心、感情の関係を詳しく理解することも出来ます。単純にお酒を我慢するだけではストレスも溜まります。ですから最初にしなければならない事はお酒の量を減らす為に感情をコントロールする方法を知らなければならないのです。

残念ながらこの手法は重篤なアルコール中毒者には不向きです。ですからそうなる前に絶対に知っておくべきことなのです。この回復マニュアルは心理カウンセラーとして多くの感情をコントロールしてきた神岡さんが制作していますので感情のコントロールをする為にはかなり有益な内容だと思います。

精神的な苦痛だけを求めてもダメ

お酒を飲まない人にとってはお酒を飲まなければ良いと簡単に思ってしまうかもしれませんが簡単に辞めれないのがお酒な訳で、そうでなければアルコール依存症という病気があるはずがありません。飲まない人には理解できないかもしれませんが辞めたくても辞めれない状況がアルコール依存症なのです。

アルコール依存症を単に我慢だけで克服しようとすれば失敗に終わることが殆どです。我慢をし続けることは難しいものですし、精神状態的にも良くありません。本当に重要な事はお酒を欲しなくなる事なのです。欲しなくなれば我慢をする必要もありません。正確に言えば我慢が全く必要ないとは言いませんが、目の前にお酒を置かれて我慢するのと、アルコールが一切無い無人島に行って我慢するのとでは我慢の度合いが異なります。

このお酒を減らす心の作り方は極限まで我慢する度合いを減らす方法が紹介されているのです。これがアルコール依存症を克服する為に必要な事で負担を少なく克服するというのは最も重要な事です。ただし、それも重篤なアルコール依存症になってしまった場合には克服することが難しくなります。アルコール依存症になるかもしれない、軽度なアルコール依存症だと思われる場合には今のうちに絶対に知っておくべき内容です。

回復マニュアルは強い味方

禁酒、酒の量を減らす。簡単にできればアルコール依存症にはなりません。なかなか出来ないから難しいのです。今は精神病院をはじめアルコール依存症専門の診療科が増えており専門家に診て貰う事が出来ればそれに越したことはありません。しかし、アルコール依存症という病名は多くの人が知っており、その病気に対する認知度は高いものの、その病気のイメージはかなり良くありません

アルコール依存症だと確信していても、そうではないかと不安に思っていても精神病院に行く事は羞恥心やプライドが邪魔をしてなかなか出向くことが出来ないという人も少なくないと思います。深刻な状態でなければ無いほど、周りも通院、入院を勧めにくい現実もあります。実際に私の周りでもアルコール依存症と思われる人の発言で「精神病院にだけは行きたくない」と断固拒否されたこともあります。そんな状態でも何とかしたいという気持ちがある時にこのマニュアルが役に立つのです。

このマニュアルはアルコール依存症本人はもちろん、それを心配している周りの人にも役立つ回復マニュアルです。確かに精神病院へ入院という選択は最終手段なのかもしれません。それだけ精神病院に通う事は、まだまだ受け入れがたい事でありアルコール依存症という病気も恥ずべき病気として多くの人は捉えているのだと思います。だからといってアルコール依存を放っておいて良いはずがありません。

このマニュアルでお酒を飲みたくなる原因の根本を解消し、自分の飲みたくなる感情をコントロールする事でお酒の量を減らし、お酒を必要としなくなる感情の作り方を知ることが出来ます。すべては心が、脳が指令を出してお酒を飲むのです。心の作り方を学ぶことがアルコール依存症から回復するために知っておかなければならない最重要項目なのです。